子供の未来活動

子供の未来は日本の未来 活動

ポストフードでは未来を担う子供達へ食の大切さを啓蒙する活動を行います。 子供達が興味を示し理解できるよな映像を主体とした活動を東京・仙台の事業所で計画をしています。 しかし、ポストフードでは机上の学習だけでは不十分だと捉えています。 体験型の啓蒙活動が必須だと考えています。 地球環境が変化して気温上昇、天候不順による多災害が感じ取れます。 子供たちがこれらを普通と感じているでしょう。 大人達の見解では異常気象と称して納得しています。 子供達へはこの異常気象を普通と感じさることを私たちポストフードは強く危惧しています。 森林に手が加えられ保水性を失い、河川への急激な流失により悲しい災害が増加しています。 子供達へは机上の啓蒙、学習だけではなく継続的な体験、体感をしてもらい継続的な自然保護意識を促したいと考えています。 里山への植林活動、深山の手入、河川水質浄化による海の環境の改善につながる事を教えていきたいと思っています。 全ての環境改善を自然の力を活用して環境負荷低減が可能だと言うことを子供達へ可能性を示すことが大人の責務です。 この活動に関しまして専門家、研究者の見解、指導を必要としています。 ポストフードの『 子供の未来活動 』の参加、協力を求めます。

【 活動予定概要 】

●山林活動

手入が行き届いていない深山の手入のお手伝い。 里山の手入のお手伝いと可食自然作物の選別と収穫 。

●河川活動

河川に親しむ 流域に生息する動植物の認識、可食性の確認 。

●汽水域での河川浄化活動

流域に生息する動植物の認識、可食性の確認 貝殻(ホタテ、牡蠣その他)での水質浄化作用の確認 牡蠣の育成に因る水質改善変化効果の記録。 鮭、マスの魚卵孵化から放流を行い毎年の帰巣確認 。

●沿岸地域活動

年間を通じて藻類の成長、海水温の記録、確認。